お役立ち情報ブログ

製品活用をはじめ、ものづくりに関する様々なお役立ち情報を発信してまいります。

サポートお役立ち情報

IPアドレスとは?初心者向けにわかりやすく解説!

今回は、「IPアドレス」について解説していきます!

IPアドレスとは?という疑問からIPアドレスの種類、確認方法まで解説いたします。
ぜひ最後までご覧ください。

IPアドレスとはどんなものなの?

皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
しかし「IPアドレス」がどういうもので、どんな役割を担っているのか、いまいち分からない方もいらっしゃるかと思います。
実際、私も社会人になってから知りました!

それでは早速、解説していきます。
IPアドレスの「IP」とは、Internet Protocol(インターネット・プロトコル)の頭文字をとったもので、訳すと「通信規格(通信ルール)」です。

インターネットに接続するパソコンなどの機器には必ず「IPアドレス」がつけられており、これは「ネットワークに接続された機器を識別するための番号」になります。

「識別するための番号」と言われてもピンとこないかと思います。
インターネットでさまざまなページを閲覧したりメールの送受信をしたりする時、それぞれのコンテンツをどこからどこに送るのかを識別する必要があります。
その識別をする際に利用するのが「IPアドレス」です。

郵便を送る際に郵送先の住所を指定するように、インターネット上でどの機器に送信するかを識別する、いわばインターネット上の「住所」のようなものです。
 

IPアドレスに種類はあるの?

大きく分けて2種類「グローバルIPアドレス」「ローカルIPアドレス」があります。
 

≪グローバルIPアドレス≫

「外部との接続」で使用され、広く普及しています。このアドレスは世界で唯一のものであり、同じものは存在しません。
 

≪ローカルIPアドレス≫

自宅や会社内などで使用する「特定のネットワーク内」で用いられるIPアドレスのことです。「プライベートアドレス」と呼ばれることもあります。

動的IPアドレスと固定IPアドレスとは?

グローバルIPアドレスにもローカルIPアドレスにも、それぞれ「動的IPアドレス」「固定IPアドレス」があります。
 

≪動的IPアドレス≫

常に同じIPアドレスではなく、変動のあるIPアドレスです。
一定時間経過したりインターネットを切断したりすると、IPアドレスが変わります。
一般的に、家庭でのインターネット接続契約では「動的IPアドレス」が利用されます。
特長は、個人が特定しにくい点や利用料が安価な点です。
 

≪固定IPアドレス≫

常に同じIPアドレスで、変動のないIPアドレスです。
一定時間経過しても何度インターネットに接続しても、同じIPアドレスです。
一般的に、企業でのインターネット接続契約では「固定IPアドレス」が利用されます。
特長は、特定の許可した人のみがアクセスできる点や、外部から特定のネットワーク(社内ネットワークなど)にアクセスできる点です。
固定IPアドレスを利用することで、近年増えているリモートワークも可能です!
※固定IPアドレスは手動で設定を行う必要があります。

 

IPアドレスの確認方法は?

IPアドレスの確認方法は以下になります。

(1)「コマンドプロンプト」を起動します。
コマンドプロンプトの起動方法:「Windowsキー」と「Rキー」をクリックし、名前欄に「cmd」と入力します。「OK」をクリックすると、コマンドプロンプトが起動します。
(2)カーソルがある部分に「ipconfig /all」と入力して「Enter」をクリックします。

コマンドプロンプトにて「ipconfig /all」と入力する図

(3)IPv4を利用している場合は「IPv4アドレス」、IPv6を利用している場合は「IPv6アドレス」の欄のIPアドレスを確認します。

IPアドレスが表示される図
 

最後に

まだまだ奥が深いIPアドレスですが、この記事を読んで少しでも参考になったと思っていただけていたら幸いです。
それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

お役立ち情報ブログへ戻る