マシニング用 加工シミュレーション ナスカ・プロ ETMビュー

リアルな加工シミュレーションを見ながらNCプログラムのチェックが行えるマシニング・フライス用シミュレーションソフトです。
工具干渉チェックや文法上のエラー箇所を抽出でき、安心安全の加工を実現します。

特長

簡単操作でNCプログラムを確認・検証

描画方法が切り替えられるので、「すばやく確認したい」「立体図から確認したい」など、目的に応じてシミュレーションできます。

主な機能

線描画・立体シミュレーション・NCプログラムの編集が可能

立体描画と線描画の切り替えが可能なほか、立体描画の形状の上に線を重ねて同時に描画することができます。NCプログラムの修正ができるほか、専用ソフトならではのチェック機能でミスを削減します。

描画機能

描画を切り替え

立体描画と線描画の切り替えが可能です。また、立体描画の形状の上に線を重ねて同時に描画することができます。もちろん立体描画のみ、線描画のみの表示も可能です。
※立体描画の際の垂直壁の描画は、厳密には垂直にならない場合があります。

加工時間・切削距離の表示

画面左下に加工時間や切削範囲を表示します。加工の段取りの目安として使えます。クーラントON/OFF、主軸回転など、主要な項目を確認できます。

サブプログラムの描画

サブプログラムは、メインと同一ファイル中でも別ファイルでも描画できます。サブプログラムの最大深度は16までです。固定サイクルの描画にも対応しています。
※サブプログラムがメインと別ファイルの場合、一部機能制限があります。

検証機能

ホルダ干渉チェック

ホルダが干渉した場合にもエラーを表示し、干渉した部分の色が変わります。

ミスはその場で修正

エラー表示ウィンドウのエラー行をクリックすると、NCプログラム表示ウィンドウの該当行でカーソルが待機するので、一目で修正箇所がわかります。また、NCプログラム表示ウィンドウで直接修正することもできます。
※本格的な編集は、付属の編集ソフトをご使用ください。

解析結果ツリー表示

NCプログラム表示ウィンドウと解析結果表示ウィンドウを切り替えられます。工具ごとに表示/非表示が切り替えられます。パスが重なるような場所も確認しやすくなります。

加工軌跡・切削データ確認

確認したいパスをクリックすると、そのパスの情報が見られます。座標値だけでなくモーダル情報や機械座標、使用中の工具番号、F値、S値など、様々な情報が確認できます。また、NCプログラム表示ウィンドウの該当行でカーソルが待機するので、該当行を探す手間が省けます。

NCプログラムのミスや干渉エラーを表示

文法上のエラーや工具の非回転時切削エラー等、各種エラーを検出します。検出したエラーは一覧表で確認できます。

簡易計測機能

描画結果の2点間の距離や角度、体積など簡易的な計測ができます。加工時間の結果表示と合わせて、見積等に利用できます。
※指定したポリゴンの座標値を計測しますので、実際の数値とは異なる場合があります。

断面形状の確認

クリッピング機能で、描画した形状の断面を確認できます。(XY,ZX,YZ断面)また、クリッピングした断面をナスカCAD形式で出力できます。ナスカ・プロCAD(別売)でご利用いただけます。

仕上がり形状と加工データを比較

STLデータの入出力が可能です。STLデータと描画形状( NCプログラム)との、各位置(X,Y)でのZ値比較もできます。
※テキスト形式のSTLデータを素材データとして読込み可能。但し、一部表示できない形状もあります。

編集機能

最大128対の同時置換機能

同じNCプログラムを異なるメーカーのNC工作機械で使用するとき等に活躍します。

演算変換

指定アドレス(X,Y等)のNCプログラムを、設定した式に従って変換します。
例:Xの数値を全て2倍の値に変換

その他の変換機能

編集作業をより早くより確実に行うための機能を搭載しています。作業効率アップのお役に立ちます。

マクロ描画機能

変数のモニタリング機能

カスタムマクロを含むNCプログラムを解析し、シミュレーションが可能です。描画中にローカル変数、コモン変数、システム変数を表示します。

マクロ未対応のNCでもOK

マクロデータを展開して、NCプログラムとして保存できます。他メーカーのNCやマクロに対応していないNCでも利用できます。

教育機関向け機能

1行ずつ巻き戻し描画が可能

気になる箇所を再生/巻き戻しをして確認することができます。入力した内容がどのように動くのか確認できるので、Gコード学習に最適です。

Gコード一覧表付き

ヘルプに標準的なGコードに関する資料が入っています。授業の教材として、自習用の資料として使えます。

切削音、切粉の排出描画

ワークに接すると切粉が出たり、切削音が変わったりするので、よりリアルに加工を疑似体験できます。

動画

ナスカ・プロ ETMビューの実際の画面と操作を動画で簡単にご紹介しています。

ナスカ・プロ ETMビューのご紹介

提供方法と価格

ライセンス契約期間 永続ライセンス
価格 ソフトウェア ナスカ・プロETMビュー 107,800円(税込)
サポート テクニカルサポート 39,600円(税込)/年
ライセンス運用方法 スタンドアロン
ライセンス提供形態 USBドングル(ハードロック)
ライセンス提供方法 運送

よくあるご質問

QSTLデータの作成は可能ですか?

Aナスカ・プロETMビュー内で、加工後のワーク形状をSTLとして出力可能です。

そのほか、別売の「ナスカ・プロ3Dビュー」では読み込んだ3次元IGESデータをSTL形式に変換して出力することができます。

Qナスカ・プロミル(2D/2.5D/穴加工)と連携できますか?

A工具情報を連携することが可能です。

ナスカ・プロミル(2D/2.5D/穴加工)とプロETMビューを組み合わせて使用すると、NCプログラムごとに工具情報を連携することができますので、NCプログラムに合わせて都度工具の情報を設定する手間がありません。

Q他社のCAMで作ったNCプログラムを読むことはできますか?

Aテキスト形式で作成されたNCプログラムであれば読み込みが可能です。

使えるGコードについては、体験版/トライアルでお試し頂けます。 体験版/トライアルのお申込みはこちら

お問い合わせ・見積り依頼

ご要望をお伺いし、お見積りいたします。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

動作環境

ナスカ・プロ ETMビューの動作環境は、検討サポートページの動作環境からご確認下さい。

動作環境を見る

製品一覧へ戻る