NC旋盤向けタブレット一体型ソフト Nazca Neo Lathe LT for Android

ー ナスカ ネオ レース エルティ ー
簡単な加工はCAD/CAMいらずで手軽に解決
旋盤用NCプログラムの 作る・見る・送る がこれ一本でできる!

特長

設計図に手を加えずパッとNCプログラムを作成

設計図は不要で、対話感覚で操作ができます。機械から離れずにその場で作業することができるので、現場にパソコンを置けない方やNCプログラムにちょっとした修正をしたい方などにおすすめです。

主な機能

NCプログラムの作る・見る・送るがこれ1本で

NCプログラムの作成、Gコードシミュレーション、Gコード編集、工作機械への送受信が1つのソフトで行うことができます。

NCプログラムを作る

旋盤加工に適した機能を多数ご用意

加工タイプとして加工荒(等高線、倣い)、仕上げ、ドリル、溝、ネジ、突切りをご用意しております。また、フィンガーアクションで作図したい形状を先読みするからコマンド選択不要で直感的に操作ができます。

形状編集もラクラク変更

フィレットや、面取りの指示はワークの頂点をタップしてするだけで設定できます。円弧のR値の修正や、円弧→線分への変更もボタン一つで変換します。

Nazca Neo Keiとの連携

図面から要素の視点も終点も読み取れない場合、「Nazca Neo Kei」を使うことで計算結果を読み込むことができます。

NCプログラムを見る

NCプログラムを立体的に描画

「作る」で作成したNCプログラムをもとに旋削シミュレーションを見ることができます。削り残しがないか、指定した工具で干渉していないかなどをチェックできます。

NCプログラムのエラーチェック

Gコードのエラーを検出した場合、軌跡ビュー画面にエラー件数や問題の箇所を表示します。その際、エラー項目を選択すると「作る」に戻ってNCプログラムを作り直すことができます。

Gコードエディタを用意

NCプログラムを直接手修正することが可能です。また入力用のキーボードもGコード専用キーボードを用意しており、GコードやX、Y、Zの値などが編集しやすくなっております。

NCプログラムを送る

検証したNCプログラムを機械へ送信

シミュレーション一体型の通信だからNCプログラムを直接送信でき、データの取り違いを防ぐことができます。

様々な工作機械メーカーに対応

ポストプロセッサ機能がついているため、メーカーや年式が異なる工作機械でもRS232C通信を行うことができます。

動画

Nazca Neo Lathe LT for Androidの実際の画面と操作を動画で簡単にご紹介しています。

基本操作

シミュレーション

提供方法と価格

弊社までお問い合わせください。

よくあるご質問

Q工作機械から受信したNCプログラムを描画できますか?

AGコード(テキスト形式)であれば描画可能です。

GコードMコードによっては対応していないものもございますので、詳細につきましてはお問い合わせください。

Qパソコンで作成したNCプログラムをタブレット内に入れることはできますか?

A可能です。

パソコンのデータをUSBフラッシュメモリに入れてデータを取得することが可能です。そのほかの入出力方法につきましてはお問い合わせください。

お問い合わせ・見積り依頼

ご要望をお伺いし、お見積りいたします。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

動作環境

弊社までお問い合わせください。

製品一覧へ戻る