各種規約

パッケージ製品 使用規約

パッケージ製品 使用規約(以下「本規約」)は、お客様(個人/法人を問いません)と株式会社ゴードーソリューション(以下「弊社」)との契約であり、弊社は、弊社が提供する「対象製品とその説明資料等」(以下「対象製品等」)の使用権を本規約に基づきお客様に許諾します。対象製品等の全部あるいは一部をインストール、または使用することによって、お客様が本規約のすべてに同意いただいたものとします。本規約に同意いただけない場合、お客様は対象製品等を使用することはできません。

対象製品とは、次の製品を指します。

  • ナスカ・プロ 3Dビュー
  • ナスカ・プロ 3Dコネクト
  • ナスカ・プロ CAD
  • ナスカ・プロ 2D
  • ナスカ・プロ 2.5D
  • ナスカ・プロ 投影計算
  • ナスカ・プロ 穴加工
  • ナスカ・プロ ミル加工指示書
  • ナスカ・プロ ワイヤー
  • ナスカ・プロ 旋盤
  • ナスカ・プロ ETMビュー
  • ナスカビューARA
  • ナスカ・GR
  • パススコープ
  • ナスカ・ワイヤービュー
  • ナスカ[描画・編集](旋盤用)
  • ナスカ・プロ マルチ通信
  • Nazca Neo Linka
  • Nazca Neo Kei
  • Nazca Neo Mill LT for Android
  • Nazca Neo Lathe LT for Android
  • Nazca Neo Verio LT for Android

第1条 使用権の許諾

1. お客様が本規約の各条項を遵守することを条件として、対象製品等の非独占的かつ譲渡不能の使用権をお客様に許諾します。
2. 弊社は、弊社ウェブサイト等で動作環境として指定する機器とそのオペレーティングシステム(OS)のバージョンに限定して、対象製品の使用をお客様に許諾します。

第2条 サポートサービスの提供

1. ユーザー登録が完了したお客様に限り、保守・無償サポートサービスを提供します。
2. サポートサービスの内容は、別途「パッケージ製品 保守・無償サポートサービス規定」にて定めます。

第3条 著作権等の権利の帰属と禁止事項

1. 対象製品等に関する一切の権利は、弊社に帰属します。
2. 弊社は対象製品等について、制限の解除と無効化、複製、編集、改変、解析、公開、放送、展示、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、送信、転載、記録、再許諾、権利の登録、出願等、弊社の権利を侵害する行為をお客様が行うことを禁止します。

第4条 責任および保証の範囲

1. 弊社は、対象製品等が、お客様の保有する動作環境において、すべて正常に動作することを保証するものではありません。
2. 弊社は、対象製品等の仕様を予告なしに変更することがあります。
3. 対象製品等の機能がお客様の特定の使用目的に適合することを保証するものではありません。
4. 弊社は、対象製品等に契約不適合(対象製品等が本来の機能・品質を満たしていない)がないことを保証するものではありません。契約不適合がある場合には、対象製品等の補修、交換または代替措置等による合理的な努力をするものとします。
5. 弊社は、対象製品等に起因する一切の損害について、直接的、間接的、予見できたか否かを問わず、賠償する責任は負わないものとします。
6. 弊社が補償する場合の範囲は、対象製品等の購入代金としてお客様が支払った金額を上限とします。

第5条 使用権の解除

1. お客様が、本規約の条項のいずれかに違反した場合、弊社は弊社の判断に基づき使用権を解除することができるものとします。そのような場合における料金の返金は行わないものとします。ただし、弊社は弊社の事由により、対象製品等のご提供が困難となる場合には、弊社の判断に基づき使用権を解除することができるものとします。そのような場合における料金の返金はこの限りではありません。
2. 使用権が解除された場合には、お客様はいかなる理由においても対象製品等を使用することはできません。お客様は、対象製品等の使用をただちに中止するとともに、お客様の占有または管理下にある全ての対象製品等をお客様の負担で速やかに返却し、インストールしたソフトウェアについては消去するものとします。

第6条 規約の変更

1. 弊社は以下の場合に、お客様に事前に通知することなく、かつお客様の同意を得ることなく、弊社の裁量により、本規約を変更することができるものとします。

A) 本規約の変更が、お客様の一般の利益に適合するとき。
B) 本規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に関わる事情に照らして合理的なものであるとき。

2. 弊社は第1項による本規約の変更にあたり、変更後の本規約の効力発生日の2週間前までに、本規約を変更する旨および変更後の本規約の内容とその効力発生日を弊社ウェブサイトに掲載し、またはこれと同等の方法によってお客様に周知するものとします。
3. 変更後の本契約の効力発生日以降にお客様が対象製品等を使用した場合は、お客様は本規約の変更に同意したものとみなします。

第7条 協議事項

1. 本規約に定めのない事項、または本規約の解釈について疑義が生じた場合は、お客様と弊社の間で信義誠実の原則にしたがって協議のうえ解決するものとします。
2. 本規約は日本法に準拠し、解釈されるものとします。

第8条 その他

1. 弊社またはお客様に以下の事由が生じたときは、催告その他の手続きを要しないで、ただちに本規約を解除することができるものとします。

A) 営業停止または営業許可取消等の処分を受けたとき。
B) 破産、民事再生手続き開始、会社整理もしくは会社更生の申し立てをなし、または第三者からこれらの申し立てを受けたとき。
C) 解散決議をしたとき。
D) 仮差押え、仮処分または強制執行を受けたとき。
E) 支払い停止もしくは支払い不能に陥ったとき、または相手方が振り出した手形または小切手の決済ができなかったとき。
F) 災害その他により、本規約の履行を困難にする事由が生じたとき。

2. 本規約に関する法令上の紛争については、お客様からの申し立てがない限り、弊社の本社所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

株式会社ゴードーソリューション

パッケージ製品 保守・無償サポートサービス規定

パッケージ製品 保守・無償サポートサービス規定(以下「本規定」)は、お客様(個人/法人を問いません)と株式会社ゴードーソリューション(以下「弊社」)との契約であり、弊社は、ユーザー登録が完了したお客様(以下「お客様」)を対象として、本規定に基づき無償の保守・サポートサービス(以下「本サービス」)を提供するものとします。本サービスを使用することによって、お客様が本規定のすべてに同意いただいたものとします。

第1条 本サービスの内容

1. 弊社は以下に列挙する事項をお客様に提供します。

A) 弊社ウェブサイトでの最新バージョン(メンテナンスリリース)の提供。
B) 弊社ウェブサイトでの、パッケージ製品使用規約で定める対象製品のうち、Nazca Neo Linkaを除くすべての製品(以下「対象製品」)における改修、改善内容に関する情報提供。
C) 電話、FAXおよびE-mailによる、対象製品に関する基本的な操作方法や機能の案内。

第2条 本サービスの提供

1. 弊社は本規定に従い、お客様に電話、FAX、E-mailおよび弊社ウェブサイトで本サービスを提供します。

電話 : 053-465-0712
FAX : 053-465-0714
E-mail : support@godo.co.jp
ウェブサイト  : https://www.godo.co.jp

2. 電話、FAX、E-mailの提供時間は弊社営業日の10:00~12:00、13:00~17:00とします。
なお、FAX、E-mailは24時間受信しますが、17:00以降に受信した場合の回答は翌営業日以降とします。
3. お客様は弊社が発行するチェックナンバーまたはライセンスIDを提示することで、第1条に定める本サービスの提供を受けることができます。
4. 本サービスは、対象製品の最新バージョンを対象とし提供します。
5. 対象製品が販売終了となった場合、原則として販売終了日の翌日より1年をもって本サービスの提供を終了します。

第3条 除外項目

1. 以下に列挙する事項は本サービスの対象外とします。

A) 弊社が明示する動作環境以外の環境下での使用に関する事項。
B) お客様固有の動作環境(OS、ハードウェア、ネットワーク環境)に関する事項。
C) 他社製品との互換の確認および検証。
D) 日本語以外による問い合わせに対する対応。
E) 日本国外からの電話およびFAXによる問い合わせへの対応。
F) 計算結果の提供、データ作成代行。
G) 対象製品以外で作成されたデータの検証。
H) その他、対象製品に直接関わらない事項。

2. 弊社は本サービスとは別に、お客様の求めに応じて、以下のサービスを有償で提供することがあります。

A) 対象製品のインストールサービス。
B) 弊社とお客様のパソコン間のリモート接続によるオンラインサポート。
C) お客様の図面およびデータを使用した、お客様固有のお問い合わせに対する操作手順案内。
D) ポストの作成および作成支援。
E) 対象製品とNC工作機械との通信設定とその操作方法、および通信不具合などの原因調査。
F) 故障や不具合時におけるタブレット端末やケーブル等の代替品貸出。
G) 弊社で行う講習あるいは出張による講習。
H) お客様事業所への出張による本サービス提供。
I) ハードロックの再発行およびソフトウェアライセンスの再発行。
J) 最新版インストールCD、取扱説明書(冊子)の発行。
K) 対象製品のカスタマイズ。

第4条 費用

1. 本サービスにおける送料及び電話料金等の通信料はお客様の負担とします。

第5条 協力

1. 弊社とお客様は積極的に協力して問題解決にあたるものとします。

第6条 責任および保証の範囲

1. 本サービスは、問い合わせのあった問題の解決、お客様の特定の目的に適うこと、及び不具合の補修を保証するものではありません。
2. 弊社は、本サービスの使用または使用不能に起因する一切の損害について、直接的、間接的、予見できたか否かを問わず、賠償する責任は負わないものとします。
3. 弊社が保証する場合の範囲は、対象製品等の購入金額を上限とします。

第7条 権利義務の譲渡

1. お客様は、パッケージ製品使用規約に付随し提供される本サービスに関する権利または義務を、第三者に譲渡してはならないものとします。

第8条 機密保持

1. 本規定に基づく取引を通じて知り得た相手方の営業上または技術上のその他一切の情報(公知となっているものを除く)を、第三者に漏洩してはならず、相手方の承諾を得ないで、第三者に開示してはならないものとします。また、弊社はお客様の承諾を得ないで、これらを本サービスの提供以外の目的に使用いたしません。

第9条 規定の変更

1. 弊社は以下の場合に、お客様に事前に通知することなく、かつお客様の同意を得ることなく、弊社の裁量により本規定を変更することができるものとします。

A) 本規定の変更が、お客様の一般の利益に適合するとき。
B) 本規定の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。

2. 弊社は前項による本規定の変更にあたり、変更後の本規定の効力発生日の2週間前までに、本規定を変更する旨及び変更後の本規定の内容とその効力発生日を弊社ウェブサイトに掲載し、またはこれと同等の方法によってお客様に周知します。
3. 変更後の本規定の効力発生日以降にお客様が本サービスを使用した場合は、お客様は本規定の変更に同意したものとみなします。

第10条 協議事項

1. 本規定に定めのない事項、または本規定の解釈について疑義が生じた場合は、お客様と弊社の間で信義誠実の原則にしたがって協議のうえ解決するものとします。
2. 本規定は日本法に準拠し、解釈されるものとします。

第11条 その他

1. 弊社またはお客様に以下の事由が生じたときは、催告その他の手続きを要しないで、ただちに本規定を解除することができるものとします。

A) 営業停止または営業許可取消等の処分を受けたとき。
B) 破産、民事再生手続き開始、会社整理もしくは会社更生の申し立てをなし、または第三者からこれらの申し立てを受けたとき。
C) 解散決議をしたとき。
D) 仮差押え、仮処分または強制執行を受けたとき。
E) 支払い停止もしくは支払い不能に陥ったとき、または相手方が振り出した手形または小切手の決済ができなかったとき。
F) 災害その他により、本規定の履行を困難にする事由が生じたとき。

2. 本規定に関する法令上の紛争については、お客様からの申し立てがない限り、弊社の本社所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

株式会社ゴードーソリューション

パッケージ製品 テクニカルサポートサービス 契約約款

法人または個人(以下「甲」)と株式会社ゴードーソリューション(以下「乙」)は、甲が直接または所定の販売店経由で、乙にテクニカルサポートサービス(以下「本サービス」)の注文書を提出した時点で、甲がパッケージ製品 テクニカルサポートサービス 契約約款(以下「本約款」)のすべてに同意いただいたものとし、本サービスに関し次の通り契約を締結します。

第1条 本サービスの内容

1. 乙は以下に列挙する事項を甲に提供します。

A) 乙と甲のパソコン間のリモート接続によるサポート。
B) 使用規約で定める対象製品のうち、Nazca Neo Linkaを除くすべての製品(以下「対象製品」)を使用しての甲の図面・データに関する問い合わせに対する操作手順案内、技術調査や問題解決支援。
C) DXF、IGESデータの読み込みに関する支援。
D) ポスト作成に関する支援。
E) 対象製品とNC工作機械との通信設定、およびその操作案内、技術調査や問題解決支援。
F) 乙が提供した周辺機器(ケーブル等)やタブレット端末の故障が疑われた場合や修理時における代替品の貸出。
G) ハードロック故障時の交換対応。対応は契約期間中1回のみ、2回目以降は費用を別途請求。
H) ハードロックの紛失、盗難における再発行の優待価格対応。ただし、乙が指定する証明書等の提出が必要。対応は契約期間中1回のみ、2回目以降は通常価格での対応。

第2条 本サービスの提供

1. 乙は本約款に従い、甲に下記の方法およびオンラインで本サービスを提供します。

電話 : 053-465-0712
FAX : 053-465-0714
E-mail : support@godo.co.jp
ウェブサイト  : https://www.godo.co.jp/

2. 電話、FAX、E-mailの提供時間は乙営業日の10:00~12:00、13:00~17:00とします。
なお、FAX、E-mailは24時間受信しますが、17:00以降に受信した場合の回答は翌営業日以降とします。
3. 甲は乙が発行するサポートIDおよびチェックナンバーを提示することで、第1条に定める本サービスの提供を受けることができます。
4. 本サービスは、契約した設置場所で使用される対象製品の最新バージョンを対象として提供されるものとします。
5. 対象製品が販売終了となった場合、原則として販売終了日の翌日より1年をもって、本サービスの対象製品から除外するものとします。

第3条 除外項目

1. 以下に列挙する事項は本サービスの対象外とします。

A) 乙が明示する動作環境以外の環境下での使用に関する事項。
B) 甲固有の動作環境(OS、ハードウェア、ネットワーク環境)に関する事項。
C) 他社製品との互換の確認及び検証。
D) 日本語以外による問い合わせ対応。
E) 日本国外からの電話、FAXおよびリモート接続による問い合わせへの対応。
F) 計算結果の提供、データ作成代行。
G) 対象製品以外で作成されたデータの検証。
H) その他、対象製品に直接関わらない事項。

2. 乙は本サービスとは別に、甲の求めに応じて、以下のサービスを有償で提供することがあります。

A) 対象製品のインストールサービス。
B) ポストの作成。
C) 乙の所在地で行う講習あるいは出張による講習。
D) 甲の事業所への出張による本サービスの提供。
E) 最新版インストールCD、取扱説明書(冊子)の再発行。
F) 対象製品のライセンス再発行。
G) 対象製品のカスタマイズ。

第4条 本サービスの契約期間

1. 契約期間の開始日は、乙が発行する証書「テクニカルサポートサービス ご契約内容のご案内」の発行日とします。
2. 契約期間の終了日は、新規契約の場合は開始日から原則1年後の月末日までを期日とします。更新の場合は、前契約期間終了日から原則1年後とします。

第5条 本サービスの契約期間の更新

1. 乙は契約期間の終了日の3か月前までに甲へ更新案内を送り、契約期間の終了日の1か月前までに甲から書面による更新解除の意思表示がない場合は、原則1年間自動的に延長されるものとし、以降も同様とします。ただし、乙との間に複数の本サービス契約が発生し、契約期間の統一を図る場合には、上記契約期間の短縮または延長をする場合があります。
2. 対象製品が販売終了となった場合は、該当製品に関する契約期間の更新はされないものとします。

第6条 料金および費用

1. 甲は本サービスの対価として年額\36,000(税抜)を所定の販売店経由あるいは直接乙に支払うものとします。直接乙に支払う場合、2年目以降は口座振替による自動引落を原則とします。
2. 乙は、次の各号のいずれかの事由により、料金の変更を必要と認めたときは、2ヶ月前までに甲に通知をすることによって、価格を変更することができるものとします。

A) 経済情勢の変動、サービス内容の変更等により本約款に定める料金によりがたい事情が生じたとき。
B) 乙との間に複数の契約が発生し、統一を図る必要がでたとき。

3. 本サービス利用時の送料及び電話料金等の通信費用は甲の負担とします。

第7条 協力

1. 乙と甲は積極的に協力して問題解決にあたるものとします。

第8条 責任および保証の範囲

1. 本サービスは、問い合わせのあった問題の解決、お客様の特定の目的に適うこと、及び不具合の補修を保証するものではありません。
2. 乙は、本サービスの利用または利用不能に起因する一切の損害について、直接的、間接的、予見できたか否かを問わず、賠償する責任は負わないものとします。
3. 乙が補償する場合の範囲は、甲が乙にサポート料金として支払った金額を上限とします。

第9条 権利義務の譲渡

1. 甲は、本サービスに関する権利または義務を、第三者に譲渡してはならないものとします。

第10条 契約期間の解除

1. 期間中途の契約については、甲は甲の事由によりそれを解除することはできないものとします。
2. 甲が、本約款の条項のいずれかに違反した場合、乙は乙の判断に基づき契約を解除することができるものとします。そのような場合における料金の返金は行わないものとします。ただし、乙は乙の事由により、本サービスの提供が困難となる場合には、乙の判断に基づき契約を解除することができるものとします。そのような場合における料金の返金はこの限りではありません。
3. 本契約が解除された場合には、甲はいかなる理由においても本サービスを利用することはできません。

第11条 機密保持

1. 本契約に基づく取引を通じて知り得た相手方の営業上または技術上のその他一切の情報(公知となっているものを除く)を、第三者に漏洩してはならず、相手方の承諾を得ないで、第三者に開示してはならないものとします。また、乙は甲の承諾を得ないで、これらを本サービスの提供以外の目的に使用いたしません。

第12条 通知義務

1. 甲は、以下のいずれかに該当する事実が生じたとき、またはそのおそれがあるときは、すみやかに乙に通知しなければならないものとします。

A) 営業の譲渡・譲受または合併。
B) 契約案内書の記載内容に関わる重要な組織の変更(所在地、代表者、商号等)。
C) 第15条1項各号の事由。

第13条 規定の変更

1. 乙は以下の場合に、甲に事前に通知することなく、かつ甲の同意を得ることなく、乙の裁量により、本約款を変更することができるものとします。

A) 本約款の変更が、甲の一般の利益に適合するとき。
B) 本約款の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に関わる事情に照らして合理的なものであるとき。

2. 乙は第1項による本約款の変更にあたり、変更後の本約款の効力発生日の2週間前までに、本約款を変更する旨および変更後の本約款の内容とその効力発生日を乙ウェブサイトに掲載し、またはこれと同等の方法によって甲に周知するものとします。
3. 変更後の本約款の効力発生日以降に甲が本サービスを利用した場合は、甲は本約款の変更に同意したものとみなします。

第14条 協議事項
1. 本約款に定めなき事項、または本約款の解釈について疑義が生じた場合は、甲乙双方が信義誠実の原則にしたがって協議のうえ解決するものとします。
2. 本約款は日本法に準拠し、解釈されるものとします。

第15条 その他

1. 乙または甲に以下の事由が生じたときは、催告その他の手続きを要しないで、ただちに本契約を解除することができるものとします。

A) 営業停止または営業許可取消等の処分を受けたとき。
B) 破産、民事再生手続き開始、会社整理もしくは会社更生の申し立てをなし、または第三者からこれらの申し立てを受けたとき。
C) 解散決議をしたとき。
D) 仮差押え、仮処分または強制執行を受けたとき。
E) 支払い停止もしくは支払い不能に陥ったとき、または相手方が振り出した手形または小切手の決済ができなかったとき。
F) 災害その他により、本契約の履行を困難にする事由が生じたとき。

2. 本契約に関する法令上の紛争については、甲からの申し立てがない限り、乙の本社所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

株式会社ゴードーソリューション

サブスクリプション製品使用規約

サブスクリプション製品使用規約(以下「本規約」)は、お客様(個人/法人を問いません)と株式会社ゴードーソリューション(以下「弊社」)との契約であり、弊社は、弊社が提供する「対象製品とその説明資料等」(以下「対象製品等」)の使用権を本規約に基づきお客様に許諾します。対象製品等の全部あるいは一部をインストール、または使用することによって、お客様が本規約のすべてに同意いただいたものとします。本規約に同意いただけない場合、お客様は対象製品等を使用することはできません。

対象製品とは、次の製品を指します。

  • Nazca Neo Verio
  • Nazca Neo Linka
  • ナスカ・プロ CAD plus
  • ナスカ・プロ 2D plus
  • ナスカ・プロ 2.5D plus
  • ナスカ・プロ 投影計算 plus
  • ナスカ・プロ 穴加工 plus
  • ナスカ・プロ ミル加工指示書 plus
  • ナスカ・プロ ワイヤー plus
  • ナスカ・プロ 旋盤 plus
  • ナスカ・プロ マルチ通信 plus

第1条 使用権の許諾

1.お客様が本規約の各条項を遵守することを条件として、対象製品等の非独占的かつ譲渡不能の使用権をお客様に許諾します。
2.弊社は弊社が指定する機器とそのオペレーティングシステム(OS)のバージョンに限定して、対象製品の使用をお客様に許諾します。

第2条 使用権の有効期間

1.使用権の開始日は、対象製品等の出荷日とします。
2.使用権の終了日は、新規契約の場合は「サブスクリプション製品ライセンス証書」で定めた期日までとし、更新の場合は前有効期間終了日から原則1年後とします。ただし、前有効期間が複数年契約の場合、同じ年数後を使用権の終了日とします。
3.対象製品等は、試用を目的として別途定めた期間で提供することがあります。
4.対象製品が販売終了となった場合でも、お客様の使用権は有効期間を満了するまで有効とします。

第3条 使用権の有効期間の更新

1.弊社は使用権の終了日の3か月前までにお客様へ更新案内を送り、使用権の終了日の1か月前までにお客様から書面による更新解除の意思表示がない場合は、原則前有効期間と同じ期間自動的に延長されるものとし、以降も同様とします。
2.対象製品が販売終了となった場合は、使用権の有効期間は更新されないものとします。

第4条 保守・サポートサービスの提供

1.本規約に同意し使用権を許諾されたお客様に限り、保守・サポートサービスを提供します。
2.保守・サポートサービスの内容は、「サブスクリプション製品保守・サポートサービス規定」にて定めます。

第5条 著作権等の権利の帰属と禁止事項

1.対象製品等に関する一切の権利は、弊社に帰属します。
2.弊社は対象製品等について、制限の解除と無効化、複製、編集、改変、解析、公開、放送、展示、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、送信、転載、記録、再許諾、権利の登録、出願等、弊社の権利を侵害する行為をお客様が行うことを禁止します。

第6条 責任および補償の範囲

1.弊社は、対象製品等が、お客様の保有する動作環境において、すべて正常に動作することを保証するものではありません。
2.弊社は、対象製品等の仕様を予告なしに変更することがあり、対象製品等の機能がお客様の特定の使用目的に適合することを保証するものではありません。
3.弊社は、対象製品等に契約不適合(対象製品等が本来の機能・品質を満たしていない)がないことを保証するものではありません。契約不適合がある場合には、対象製品等の補修、交換または代替措置等による合理的な努力をするものとします。
4.弊社は、対象製品等に起因する一切の損害について、直接的、間接的、予見できたか否かを問わず、賠償する責任は負わないものとします。
5.弊社が補償する場合の範囲は、対象製品等の新規契約料金としてお客様が支払った金額を上限とします。

第7条 使用権の解除

1.お客様は使用権の終了日の1か月前までに書面により更新解除の意思表示をすることで、翌年の使用権を解除することができるものとします。有効期間中途の使用権については、お客様はお客様の事由によりそれを解除することはできないものとします。
2.お客様が、本規約の条項のいずれかに違反した場合、弊社は自己の判断に基づき使用権を解除させることができるものとします。そのような場合における解除について、お客様が既に支払った料金の返金は行わないものとします。
3.第2項に定めた以外の場合でも、弊社は弊社の事由により、対象製品等のご提供が困難となる場合には、弊社の自己の判断に基づき使用権を解除させることができるものとします。そのような場合における解除についての返金に関しては、この限りではありません。
4.使用権が解除された場合には、お客様はいかなる理由においても対象製品等を使用することはできません。お客様は、対象製品等の使用をただちに中止するとともに、お客様の占有または管理下にある全ての対象製品等を速やかに消去および破棄を行うものとします。

第8条 通知義務

お客様は、以下のいずれかに該当する事実が生じたとき、またはそのおそれがあるときは、すみやかに弊社に通知しなければならないものとします。

  1. 営業の譲渡・譲受または合併。
  2. 契約申込書の記載内容に関わる重要な組織の変更(所在地、代表者、商号等)。
  3. 第11条1項各号の事由。

第9条 規約の変更

1.弊社は以下の場合に、お客様に事前に通知することなく、かつお客様の同意を得ることなく、弊社の裁量により、本規約を変更することができるものとします。
2.本規約の変更が、お客様の一般の利益に適合するとき。
3.本規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。
4.弊社は第1項による本規約の変更にあたり、変更後の本規約の効力発生日の2週間前までに、本規約を変更する旨および変更後の本規約の内容とその効力発生日を弊社ウェブサイトに掲載し、またはこれと同等の方法によってお客様に周知するものとします。
5.変更後の本規約の効力発生日以降にお客様が対象製品等を使用した場合は、お客様は本規約の変更に同意したものとみなします。

第10条 協議事項

1.本規約に定めのない事項、または本規約の解釈について疑義が生じた場合は、お客様と弊社の間で信義誠実の原則にしたがって協議のうえ解決するものとします。
2.本規約は日本法に準拠し、解釈されるものとします。

第11条 その他

1.弊社またはお客様に以下の事由が生じたときは、催告その他の手続きを要しないで、ただちに本規約を解除することができるものとします。
2.営業停止または営業許可取消等の処分を受けたとき。
3.破産、民事再生手続き開始、会社整理もしくは会社更生の申し立てをなし、または第三者からこれらの申し立てを受けたとき。
4.解散決議をしたとき。
5.仮差押え、仮処分または強制執行を受けたとき。
6.支払い停止もしくは支払い不能に陥ったとき、または相手方が振り出した手形または小切手の決済ができなかったとき。
7.災害その他により、本規約の履行を困難にする事由が生じたとき。
8.本規約に関する法令上の紛争については、お客様からの申し立てがない限り、弊社の本社所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

株式会社ゴードーソリューション

サブスクリプション製品保守・サポートサービス規定

サブスクリプション製品保守・サポートサービス規定(以下「本規定」)は、お客様(個人/法人を問いません)と株式会社ゴードーソリューション(以下「弊社」)との契約であり、弊社は、サブスクリプション製品使用規約(以下「使用規約」)に同意いただいたお客様を対象として、本規定に基づき保守・サポートサービス(以下「本サービス」)を提供するものとします。本サービスを使用することによって、お客様が本規定のすべてに同意いただいたものとします。

第1条 本サービスの内容

1.弊社は以下に列挙する事項を本サービスの内容とし、お客様に提供します。

A)弊社ウェブサイトでの最新バージョン(メンテナンスリリース版)の提供。
B)弊社ウェブサイトでの対象製品における改修、改善内容に関する情報提供。
C)電話、FAX、E-mailおよび弊社とお客様のパソコン間のリモート接続による、対象製品に関する操作方法や機能の案内、技術調査や問題解決支援。
D)対象製品の使用に不具合が生じ、また弊社が提供した周辺機器(ケーブル等)の故障がその原因と疑われた場合において、調査を行う為に必要となる代替の周辺機器の貸出。
E)弊社が提供したタブレット端末修理時における代替品の貸出およびお客様が所有するライセンスサーバー修理時における代替ライセンスの貸出。
F)ソフトウェアライセンス再発行の対応。ただし、タブレット端末またはライセンスサーバーの故障、紛失、盗難、入れ替え等による場合は弊社が指定する証明等の提出を必要とする場合があります。提出できない場合、対応は年1回を上限とし、2回目以降は別途費用をいただく場合があります。

第2条 本サービスの提供

1.弊社は本規定に従い、お客様に電話、FAX、E-mail、弊社ウェブサイトおよびオンラインで本サービスを提供します。

電話    :053-465-0712
FAX    :053-465-0714
E-mail:support@godo.co.jp
URL    :https://www.godo.co.jp/

2.電話、FAX、E-mailの提供時間は弊社営業日の10:00~12:00、13:00~17:00とします。
なお、FAX、E-mailは24時間受信しますが、提供時間外に受信した場合の回答は翌営業日以降とします。
3.お客様は弊社が発行するライセンスIDを提示することで、本サービスの提供を受けることができます。
4.本サービスは、対象製品の最新バージョンを対象とし提供します。
5.本サービスの提供期間は使用規約に準ずるものとします。
6.本サービスは、使用規約に付随し提供されるものであり、使用規約が解除された時点で本サービスの提供を終了します。また、本規定のみを解除することはできません。

第3条 除外項目

1.以下に列挙する事項は本サービスの対象外とします。

A)弊社が明示する動作環境以外の環境下での使用に関する事項。
B)お客様固有の動作環境(OS、ハードウェア、ネットワーク環境)に関する事項。
C)他社製品との互換の確認及び検証。
D)日本語以外による問い合わせ対応。
E)日本国外からの電話、FAXおよび弊社とお客様のパソコン間のリモート接続による問い合わせへの対応。
F)計算結果の提供、データ作成代行。
G対象製品以外で作成されたデータの検証。
H)その他、対象製品に直接係らない事項。

2.弊社は本サービスとは別に、お客様の求めに応じて、以下のサービスを有償で提供することがあります。

A)対象製品のインストールサービス。
B)ポストの作成。
C)弊社で行う講習あるいは出張による講習。
D)お客様事業所への出張による本サービス。
E)インストールCD、取扱説明書(冊子)の発行。
F)対象製品のカスタマイズ。

第4条 費用

1.本サービスにおける送料及び電話料金等の通信料はお客様の負担とします。

第5条 協力

1.弊社とお客様は積極的に協力して問題解決にあたるものとします。

第6条 責任および補償の範囲

1.本サービスは、問い合わせのあった問題の解決、お客様の特定の目的に適うこと、及び不具合の補修を保証するものではありません。
2.弊社は、本サービスの使用または使用不能に起因する一切の損害について、直接的、間接的、予見できたか否かを問わず、賠償する責任は負わないものとします。
3.弊社が補償する場合の範囲は、当該製品の新規契約料金としてお客様が支払った金額を上限とします。

第7条 権利義務の譲渡

1.お客様は、使用規約に付随し提供される本サービスに関する権利または義務を、第三者に譲渡してはならないものとします。

第8条 機密保持

1.本規定に基づく取引を通じて知り得た相手方の営業上または技術上のその他一切の情報(公知となっているものを除く)を、第三者に漏洩してはならず、相手方の承諾を得ないで、第三者に開示してはならないものとします。また、弊社はお客様の承諾を得ないで、これらを本サービスの提供以外の目的に使用いたしません。

第9条 規定の変更

1.弊社は以下の場合に、お客様に事前に通知することなく、かつお客様の同意を得ることなく、弊社の裁量により本規定を変更することができるものとします。

A)本規定の変更が、お客様の一般の利益に適合するとき。

B)本規定の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。

1.弊社は第1項による本規定の変更にあたり、変更後の本規定の効力発生日の2週間前までに、本規定を変更する旨および変更後の本規定の内容とその効力発生日を弊社ウェブサイトに掲載し、またはこれと同等の方法によってお客様に周知するものとします。
2.変更後の本規定の効力発生日以降にお客様が本サービスを使用した場合は、お客様は本規定の変更に同意したものとみなします。

第10条 協議事項

1.本規定に定めのない事項、または本規定の解釈について疑義が生じた場合は、お客様と弊社の間で信義誠実の原則にしたがって協議のうえ解決するものとします。
2.本規定は日本法に準拠し、解釈されるものとします。

第11条 その他

1.弊社またはお客様に以下の事由が生じたときは、催告その他の手続きを要しないで、ただちに本規定を解除することができるものとします。

A)営業停止または営業許可取消等の処分を受けたとき。
B)破産、民事再生手続き開始、会社整理もしくは会社更生の申し立てをなし、または第三者からこれらの申し立てを受けたとき。
C)解散決議をしたとき。
D)仮差押え、仮処分または強制執行を受けたとき。
E)支払い停止もしくは支払い不能に陥ったとき、または相手方が振り出した手形または小切手の決済ができなかったとき。
F)災害その他により、本規定の履行を困難にする事由が生じたとき

2.本規定に関する法令上の紛争については、お客様からの申し立てがない限り、弊社の本社所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

株式会社ゴードーソリューション

Nazca Neo Linka 保守サポートサービス契約約款

法人または個人(以下「甲」)と株式会社ゴードーソリューション(以下「乙」)は、甲が直接または所定の販売店経由で、乙にNazca Neo Linka保守サポートサービス(以下「本サービス」)の注文書を提出した時点で、甲がNazca Neo Linka保守サポートサービス契約約款(以下「本約款」)のすべてに同意いただいたものとし、本サービスに関し次の通り契約を締結します。

第1条 本サービスの内容

1. 乙は以下に列挙する事項を甲に提供します。

A) 乙のウェブサイトでの不具合修正などの情報提供。
B) 電話、FAX、E-mail、甲と乙のパソコン間のリモート接続による、Nazca Neo Linka(以下、「本製品」という)に関する操作方法や機能の案内、技術調査や問題解決支援。
C) 乙が提供した周辺機器(ケーブル等)の故障が疑われた場合や修理時における代替品の貸出。
D) ライセンス再発行の対応。ただし、ライセンスサーバーの故障、紛失、盗難、入れ替え等による場合は、乙が指定する証明等の提出が必要。提出無き場合の対応は年1回を上限とし、2回目以降は費用を別途請求。
E) 最新バージョン(メンテナンスリリース)の提供。

第2条 本サービスの提供

1. 乙は本約款に従い、甲に下記の方法およびオンラインで本サービスを提供します。

電話 : 053-465-0712
FAX : 053-465-0714
E-mail : support@godo.co.jp
ウェブサイト  : https://www.godo.co.jp

2. 電話、FAX、E-mailの提供時間は乙営業日の10:00~12:00、13:00~17:00とします。
なお、FAX、E-mailは24時間受信しますが、17:00以降に受信した場合の回答は翌営業日以降とします。
3. 甲は乙が発行するライセンスIDを提示することで、第1条に定める本サービスの提供を受けることができます。
4. 本サービスは、本製品の最新バージョンを対象として提供されるものとします。
5. 本製品が販売終了となった場合、乙は、原則として販売終了日の翌日より1年をもって本サービスの提供を終了するものとします。

第3条 除外項目

1. 以下に列挙する事項は本サービスの対象外とします。

A) 乙が明示する動作環境以外の環境下での使用に関する事項。
B) 甲固有の動作環境(OS、ハードウェア、ネットワーク環境)に関する事項。
C) 他社製品との互換の確認及び検証。
D) 日本語以外による問い合わせ対応。
E) 日本国外からの電話、FAXおよびリモート接続による問い合わせへの対応。
F) その他、本製品に直接関わらない事項。

2. 乙は本サービスとは別に、甲の求めに応じて、以下のサービスを有償で提供することがあります。

A) 甲の事業所への出張サービス。
B) 本製品のカスタマイズ。

第4条 本サービスの契約期間

1. 契約期間の開始日は、乙が発行する証書「Nazca Neo Linka 保守サポートサービス ご契約内容のご案内」の発行日とします。
2. 契約期間の終了日は、新規契約の場合は開始日から原則1年後の月末日までを期日とします。更新の場合は、前契約期間終了日から原則1年後とします。

第5条 本サービスの契約期間の更新

1. 乙は契約期間の終了日の3か月前までに甲へ更新案内を送り、契約期間の終了日の1か月前までに甲から書面による更新解除の意思表示がない場合は、原則1年間自動的に延長されるものとし、以降も同様とします。
2. 本製品が販売終了となった場合は、本契約は更新されないものとします。

第6条 本サービスの再契約

1. 甲は契約期間が終了した後、乙に再契約費用として契約期間終了後から再契約締結までの期間分に相当する料金および新規年度分の料金を支払うことを条件として、本サービスを再契約することができるものとします。ただし、当該未契約期間分の料金は、本製品の新規契約料金を上限とします。
2. 再契約における本サービスの契約期間の開始日は再契約の締結日とし、契約期間の終了日は開始日から1年後の月末日までとします。

第7条 料金および費用

1. 甲は本サービスの対価として別途乙の提示する料金を所定の販売店経由あるいは直接乙に支払うものとします。
2. 乙は、次の各号のいずれかの事由により、前項の料金の変更を必要と認めたときは、本契約期間更新の3ヶ月前までに甲に通知をすることによって、翌年度の当該料金を変更することができるものとします。

A) 本製品の構成に変更があったとき。
B) 経済情勢の変動、サービス内容の変更等により本約款に定める料金によりがたい事情が生じたとき。
C) 甲乙間に複数の契約が発生し、統一を図る必要がでたとき。

3. 本サービス利用時の送料及び電話料金等の通信費用は甲の負担とします。

第8条 協力

1. 乙と甲は積極的に協力して問題解決にあたるものとします。

第9条 責任および保証の範囲

1. 本サービスは、問い合わせのあった問題の解決、甲の特定の目的に適うこと、及び不具合の補修を保証するものではありません。
2. 乙は、本サービスの利用または利用不能に起因する一切の損害について、直接的、間接的、予見できたか否かを問わず、賠償する責任は負わないものとします。
3. 乙が補償する場合の範囲は、甲が乙に本サービスの新規契約料金として支払った金額を上限とします。

第10条 権利義務の譲渡

1. 甲は、パッケージ製品使用規約に付随し提供される本サービスに関する権利または義務を、第三者に譲渡してはならないものとします。

第11条 契約期間中途での解除

1. 有効期間中の契約については、甲は甲の事由によりそれを解除することはできないものとします。
2. 甲が、本約款の条項のいずれかに違反した場合、乙は乙の判断に基づき本契約を解除することができるものとします。その場合、料金の返金は行わないものとします。ただし、乙は乙の事由により、本サービスの提供が困難となる場合には、乙の判断に基づき本契約を解除することができるものとします。その場合の料金の返金はこの限りではありません。
3. 本契約が解除された場合には、甲はいかなる理由においても本サービスを利用することはできません。

第12条 機密保持

1. 本契約に基づく取引を通じて知り得た相手方の営業上または技術上のその他一切の情報(公知となっているものを除く)を、第三者に漏洩してはならず、相手方の承諾を得ないで、第三者に開示してはならないものとします。また、乙は甲の承諾を得ないで、これらを本サービスの提供以外の目的に使用いたしません。

第13条 通知義務

1. 甲は、以下のいずれかに該当する事実が生じたとき、またはそのおそれがあるときは、すみやかに乙に通知しなければならないものとします。

A) 営業の譲渡・譲受または合併。
B) 契約案内書の記載内容に関わる重要な組織の変更(所在地、代表者、商号等)。
C) 第16条1項各号の事由。

第14条 規定の変更

1. 乙は以下の場合に、甲に事前に通知することなく、かつ甲の同意を得ることなく、乙の裁量により、本約款を変更することができるものとします。

A) 本約款の変更が、甲の一般の利益に適合するとき。
B) 本約款の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に関わる事情に照らして合理的なものであるとき。

2. 乙は第1項による本約款の変更にあたり、変更後の本約款の効力発生日の2週間前までに、本約款を変更する旨および変更後の本約款の内容とその効力発生日を乙ウェブサイトに掲載し、またはこれと同等の方法によって甲に周知するものとします。
3. 変更後の本約款の効力発生日以降に甲が本サービスを利用した場合は、甲は本約款の変更に同意したものとみなします。

第15条 協議事項

1. 本約款に定めなき事項、または本約款の解釈について疑義が生じた場合は、甲乙双方が信義誠実の原則にしたがって協議のうえ解決するものとします。
2. 本約款は日本法に準拠し、解釈されるものとします。

第16条 その他

1. 乙または甲に以下の事由が生じたときは、催告その他の手続きを要しないで、ただちに本契約を解除することができるものとします。

A) 営業停止または営業許可取消等の処分を受けたとき。
B) 破産、民事再生手続き開始、会社整理もしくは会社更生の申し立てをなし、または第三者からこれらの申し立てを受けたとき。
C) 解散決議をしたとき。
D) 仮差押え、仮処分または強制執行を受けたとき。
E) 支払い停止もしくは支払い不能に陥ったとき、または相手方が振り出した手形または小切手の決済ができなかったとき。
F) 災害その他により、本契約の履行を困難にする事由が生じたとき。

2. 本契約に関する法令上の紛争については、甲からの申し立てがない限り、乙の本社所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

株式会社ゴードーソリューション