Nazca Neo Linka バージョンアップのお知らせ

機械の稼働状態と、担当者の作業時間など複合的な情報を紐づけて管理可能に

Nazca Neo Linka Ver 2.0.0

株式会社ゴードーソリューション(本社:静岡県浜松市、代表取締役:熊谷 弘之以下、「ゴードー」と記載)は、工場マネジメントをコンセプトに開発した工作機械の稼働監視システム「Nazca Neo Linka(ナスカ・ネオ・リンカ)」のデータ収集・集計機能をさらに充実し、本日4月13日にリリースします。

「Nazca Neo Linka」は、工作機械の稼働データをリアルタイムに収集してブラウザ上に表示し、パソコンやスマートフォンから稼働状態を確認できる工作機械の稼働監視システムです。
この度のバージョンアップでは、収集・集計する対象データを工作機械以外にも広げ、バーコードやRFIDなどの各種センシング機器から収集したデータや、その他の複合的な情報と、工作機械の稼働状態を紐づけて表示できるようになりました。

例えば、加工中や停止・段取り中といった工作機械の稼働状態と合わせて、プロジェクト名・担当者名や作業拘束時間・アラーム番号などの複合的な情報を一括で確認することができます。
これにより、原価計算や人員の最適配置・保全といった、製造現場のより総合的なマネジメントを実現します。

さらに、複合的な情報を分かりやすく表現できるよう、この度のバージョンアップで画面デザインを全面リニューアルしました。
これまで導入頂いたお客様のご意見やご要望を元に、情報の表示方法やユーザーインターフェースを見直すことで、従来の直観的な操作感はそのままに、必要な情報を一目で簡単に確認できるようになりました。

そして、今回のバージョンアップからご提供方法も新しくなります。従来通りのパッケージ提供に加えて、年間使用料でシステムをお使い頂けるサブスクリプション提供を新たにスタートします。
「IoTを始めたいが導入コストは抑えたい」「まずはスモールスタートで段階的に接続機械を増やしたい」という声にお応えします。
また、導入作業も専任のスタッフが直接伺い実施しますので、安心して導入頂けます。

※接続に必要なハードウェアと導入作業の費用が別途必要となります。

 

ゴードーは今後も、日本の製造業を支える中小・機械加工業のIoT導入をバックアップし、製造現場の課題解決・工場の生産性向上に貢献してまいります。

動作環境

  • 対応OS:
    Windows 8.1 (日本語版、64bit版)、Windows 10 (日本語版、64bit版)、WindowsServer2012 (日本語版、64bit版)、WindowsServer2016 (日本語版、64bit版)、WindowsServer2019 (日本語版、64bit版)
  • LANポート:1ポート
  • 推奨CPU:Core i5以上
  • 推奨メモリ:4GB以上
  • 表示色:16bit以上
  • 解像度:1152×864以上
  • ブラウザ:Chrome、Edge(chrominm版)

リリース日

2020年4月13日

システムの機能イメージと販売構成

シンプルなシステム構成で、工作機械の増設にも柔軟に対応可能です。
さらに、お客様の解決したい課題やご要望に合わせて機能を組み合わせて導入頂けます。

※NCプログラム通信ソフト「ナスカ・プロ マルチ通信」と連携することにより、Nazca Neo Linkaの画面上で、NCプログラムの送受信操作が可能になります。
ナスカ・プロ マルチ通信の詳細はこちら(https://www.godo.co.jp/all-products/nazca-pro-nsk-dnc/

価格・各種料金

・すべて税別で表記しています。
・接続に必要なハードウェアと導入作業の費用が別途必要となります。

販売目標

年間50社への導入

その他

Nazca Neo Linkaの詳細はこちら(https://www.godo.co.jp/product/nazca-neo-linka/

お問合せ

TEL 053-465-0711
FAX 053-465-0714
E-Mail info@godo.co.jp
営業日は平日の月曜日~金曜日です。
営業時間は 8:45~12:00、13:00~17:30 です。

営業時間外のお問合せは、翌営業日以降に回答させていただきます。
弊社指定休日については 会社カレンダー をご覧ください。