手軽に工場の見える化を実現する「らくらくセット」の販売開始

Nazca Neo Linkaと因幡電機産業社製「Signal Watcher」が連携

株式会社ゴードーソリューション(所在地:静岡県浜松市南区飯田町471、 代表取締役:熊谷弘之、以下、「ゴードー」と記載)は、工場マネジメントをコンセプトに開発した工作機械の稼働監視システム「Nazca Neo Linka(ナスカ・ネオ・リンカ)」と、積層表示灯の状態を外部電源レスで無線送信が可能な「Signal Watcher(シグナルウォッチャー)」のセット販売を12月16日より開始します。

ゴードーが提供するIoTを活用した工作機械の稼働監視システムNazca Neo Linkaと、因幡電機産業株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:喜多 肇一)が提供する稼働監視ツールSignal Watcherの連携がこの度実現しました。

Signal Watcherは、光センサーにより、積層表示灯の点灯・消灯・点滅(低速/高速)・瞬時点灯・瞬時消灯の判定が可能です。
四角や円筒などあらゆる形やメーカーを問わず、大半の積層表示灯に取り付けができ、室内光の光量で発電かつ無線通信のため、外部電源や配線工事の必要がなく、既存のあらゆる工場設備に簡単に導入することができます。

新たに開始するNazca Neo LinkaとSignal Watcherのセット販売では、製造現場のIoT導入のスモールスタートを助力するべく、工場全般で「機械の稼働監視を始めたいが、極力費用や手間はかけたくない」「製造現場のIoT化を進めたいが、何から着手すべきか分からない」「工場設備が古くIoTに取り組むことが困難」といった課題を解決します。

特長

機種不問!外部電源・配線工事・メンテ不要でらくらく導入を実現

  • 国内外機種を問わず、大半の積層表示灯に取り付け可能
  • 室内用ソーラーパネルを搭載しているため、ユニットを機械に後付けすることで装着可能
  • 容易に取り付けでき、専門知識も不要
「工場のらくらく見える化」取り付け方法

製造現場のIoT化をゴードーがトータルサポート!

まずは、スモールスタートによる工作機械の稼働監視からお手伝いさせて頂き、その後ステップに応じた効率改善の提案をさせて頂きます。

動作環境

EnOcean ゲートウェイ (NE‐GW001A)の導入が必須となります。

※他社製受信機での動作検証は実施しておりません。
※EnOcean ゲートウェイ (NE-GW001A)は、セット内容に含まれます。

発売日

2019年12月16日

販売価格

セット販売価格/55万円(税抜)

販売目標

20セット

セット内容

PCサーバー/LANケーブル(10m)/シグナルウォッチャー×3式(SE‐SW001A)/EnOcean ゲートウェイ×1式(NE‐GW001A)/Nazca Neo Linka Server×1式/Nazca Neo Linka Monitor×3式/Nazca Neo Linka Monitor Option×3式

その他

Nazca Neo Linkaの詳細はこちら
https://www.godo.co.jp/all-products/nazca-neo-linka/

Signal Watcherの詳細はこちら
https://www.e-inaba.ne.jp/signal-watcher/

※記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに製造、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

お問合せ

TEL 053-465-0711
FAX 053-465-0714
E-Mail info@godo.co.jp
営業日は平日の月曜日~金曜日です。
営業時間は 8:45~12:00、13:00~17:30 です。

営業時間外のお問合せは、翌営業日以降に回答させていただきます。
弊社指定休日については 会社カレンダー をご覧ください。