ナスカメール №164

2017/06/02<旋盤用CAD/CAMと工場マネジメント>を配信致しました。

2016機械生産台数

2016年、日本国内で生産された工作機械は68,065台ありました。 その内、旋盤は16,464台で、工作機械の出荷台数の約1/4を占めております。 (経済産業省「機械統計」より)

 

弊社では、リーズナブルな価格で、使い易い旋盤用のCAD/CAMソフトをご用意しており、 異なったメーカーの旋盤加工でも同じ手順でNCデータの作成ができます。

ナスカ・プロ旋盤 Nazca Neo Lathe LT

 

また、通信ソフトをご利用頂きますと複数の機械へデータ転送やNCデータの一元管理が容易にでき、 リピート品加工などが効率良くできます。

Nazca Neo Linka Communicator

 

この通信ソフトは工作機械側からの情報収集も可能となっており、 工作機械の稼働監視などへ展開ができます。 これらの機能はWebブラウザを通して、どこでも行えますので、 移動ロスの削減にも繋がります。 また、稼働率や非稼働状況の分析による工場の運営改善に 展開することもできます。旋盤用CAD/CAMのみならず、 将来性を見据えたこれらのソフトの導入を是非ご検討ください。

稼働状況の監視 稼働実績の分析 加工計画との予実比較
Nazca Neo Linka Monitor Nazca Neo Linka Operation Manager Nazca Neo Linka Work Manager

ナスカ・プロスクールのご案内

ナスカ・プロでは、基本的な使い方をマスターする 「定期コース」と、 お客様に合わせてカリキュラムを組む、 「オーダーメイドコース」 をご用意しております。

  1. 定期コースの日程はこちら
  2. 定期コースのお申込みはこちら

定期コースのお申込み、オーダーメイドコースに関するお問合せは下記よりお願い致します。

お問合せ

プロダクトに関するお問合せは下記より承っております。お気軽にお問合せください。