1. サイト内検索
  2. お問い合わせ
  • HOME
  • 会社案内
  • 採用情報
  • 教育機関HP
  • English

サポート

ダウンロード
テクニカルサポート
スクール
定期コース
オーダーメイドコース
ポスト作成
よくある質問
OS対応表
インストール編
ハードロック(プロテクター)編
基本編
ナスカCAD編
ナスカ・ミル2D編
ナスカ・ミル2.5D編
ナスカ・ミル穴加工編
ナスカビュー編
ナスカ[描画・編集](共通編)
ナスカ・ワイヤー編
ナスカ・旋盤編
ナスカ・マルチ通信編
ポケコン編
簡易マニュアル・チュートリアル
ナスカのミニ知識
バージョン情報
ナスカ・プロ3Dビュー/3Dコネクト
ナスカ・プロCAD
ナスカ・プロミル共通
ナスカ・プロ2D
ナスカ・プロ2.5D
ナスカ・プロ穴加工
ナスカ・プロワイヤー
ナスカ・プロ旋盤
ナスカ・プロETMビュー
ナスカ・SQレーザー
ナスカCAD
ナスカ・ミル
ナスカ・ワイヤー
ナスカ・レーザー
ナスカ・旋盤
ナスカビュー
ナスカビューARA
ナスカ・GR
ナスカ[描画・編集](マシニング用)
ナスカ・ワイヤービュー
ナスカ[描画・編集](旋盤用)
ナスカ編集
ナスカ・マルチ通信
ナスカ・マルチ通信 for LAN
ナスカ通信
ナスカマルチDNC
ナスカ・3Dインターフェース
パススコープ
ナスカ・プロ Bee そう太
計太Z V3
ポケコン
らん太
販売・サポート終了商品
サポート用メールフォーム
ナスカシリーズ
ナスカ・プロ Beeシリーズ
ユーザー登録用フォーム

バージョン情報

ナスカ・SQレーザー

詳しくは、ソフト内の ヘルプ をご覧ください。

V10.30(2017/01/10)

CAD

  1. 修正-消しゴムコマンドを追加しました。
  2. ドラッグ認識を対角点指定後の追加要素指定に採用しました。
  3. 計測-面積/周長コマンドにて、閉じた形状の内部をクリックすると自動で認識するようにしました。また、認識した形状を強調表示するようにしました。
  4. グルーピング時の要素指定モードに、「部品ファイル名称」などの検索キーワードにより部品を自動認識する「部品検索」機能を追加しました。
  5. 図形補正にて、下記の新機能を追加しました。
    1.微小Rチェック機能
    2.長線削除機能
    3.文字要素の基準位置を中心に変更する機能
    4.空白の文字要素を削除する機能
  6. 図形補正の要素圧縮機能にて、指定長以上の要素を処理しない機能を追加しました。
  7. 図形補正にて、最終ループ補正処理速度を高速化しました。
  8. オフセット2コマンドにて、外形と穴オフセット幅を別指定できるようにしました。
  9. DWGの読み込み機能を強化しました。
  10. 文字要素にて、アンダーバー'_'を改行とせず文字列として作図できるようにしました。
  11. リンク分解コマンドにて、対象要素を強調表示し、対象要素を確認できるようにしました。
  12. DXF読み込み時、文字要素の文字幅比率を指定できるようにしました。
  13. C/R修正コマンドの連続モードにて、角丸め⇔面取り削除を連続して行うことができるようにしました。
  14. 図形補正にて、最終ループ補正/最適化/内外判定処理をESCキー押下により中断できるようにしました。
  15. 最適化コマンドにて、端点が移動しないよう改善しました。

CAM

  1. 加工指示書タイプ2にて、部品属性情報の指定項目ごとにカラーイメージ印刷できるようにしました。
  2. 加工順コマンドにて、加工順をドラッキング認識する機能を追加しました。
  3. NC変換コマンドにて、アプローチ移動等を行った部品は異なるサブプロ番号を割り当てるようにしました。
  4. 加工指示書の図面イメージをより枠にフィットさせて視認性を向上しました。
  5. アプローチ移動/変更コマンドにて、単独経路だけでなく経路付き部品の場合でも、1クリック指示できるようにしました。
  6. 経路結合コマンドにて、文字マーキング要素をマーキング長に加算するか指定できるようにしました。
  7. アプローチ移動コマンドにて、指示部品のシーケンスパラメータを自動認識するようにしました。
  8. アプローチ移動コマンドにて、右クリックでシーケンスパラメータ選択画面を開くようにしました。
  9. 加工指示書タイプ2印刷時の出力Noを新たに「部品名称順」「部品コード順」「サブコード順」より指定できるようにしました。
  10. NC変換コマンドにて、開図形経路を「線4,円4」固定の詳細加工条件で出力する機能を追加しました。
  11. NC変換コマンドの座標値による径補正機能にて、開図形形状も補正できるようにしました。
  12. 早送り速度の単位をmm/secに変更できるようにしました。

NEST

  1. 配置部品出力コマンドにて、部品属性情報の指定項目ごとにカラーイメージ印刷できるようにしました。
  2. 平回転コマンドの「単独」モードにて、ドラッグ認識を採用し「単独D」モードに変更しました。
  3. 平回転コマンドにて、部品干渉チェックの操作性を大幅に改善しました。
  4. 平回転コマンドにて、ドラッキング基準点を部品中央にできるようにしました。
  5. 部品読込コマンドにて、検索部品リストの表示項目順序を任意に指定できるようにしました。
  6. 部品登録コマンドにて、文字マーキング要素をマーキング長に加算するか指定できるようにしました。
  7. 部品読込コマンド画面にて、「配置個数」タイトル部クリック時、チェックONになっている部品の必要個数を配置個数としてセットするようにしました。
  8. 配置部品出力コマンドにて、選択行のみ印刷できるようにしました。
  9. 部品リスト印刷時の出力Noを新たに「部品ファイル名順」「部品名称順」「部品コード順」「サブコード順」より指定できるようにしました。
  10. 配置部品出力機能にて、「外面積」「穴面積」「体積」情報の出力に対応しました。

板金展開

  1. 面だし/面合成コマンドにて、穴と中心線の距離が指定値以下の場合、ワーニング出力する機能を追加しました。
  2. 曲げ注記/曲げリストコマンドにて、面幅情報を出力できるようにしました。
  3. 面だし/面合成コマンドにて、処理順に追番を自動作図する機能を追加しました。
  4. 曲げリストコマンドにて、作図される要素を寸法線区分にしCAMの加工指示コマンド等に反応しないよう改善しました。
  5. 面だし/面合成コマンドの右クリックにて、曲げ条件画面を参照表示できるようにしました。

V10.00(2015/10/08)

CAD

  1. Windows 10 に正式対応しました。
  2. 外周・穴を考慮してオフセットを行う、オフセット2コマンドを追加しました。
  3. マウス右クリックドラッグで、ビュー移動を行う機能を追加しました。
  4. 図形補正コマンドにて、パラメータファイルを複数保存できるようにしました。
  5. 移動/複写コマンド等のドラッキング表示にて、文字要素の矩形枠を表示するようにしました。

CAM

  1. オートシーケンスコマンドにて、最短要素の中点をアプローチ位置として指定できるようにしました。
  2. NC変換コマンド時、算出される加工時間にて、減速時間を含めて算出できるようにしました。
  3. オートファイル名機能にて、「“O”無しのプログラム番号」「固定ファイル名商」を指定できるようにしました。
  4. 加工指示書タイプ2にて、部品ファイルを名称順に連番に割り振る機能を追加しました。あわせて、属性項目に「初期個数」を追加しました。
  5. オートシーケンスコマンドのシーケンスパラメータ自動読み込み機能にて、部品の材質/板厚ごとにシーケンスパラメータを読み込むように変更しました。

NEST

  1. ネストコマンドにて、フォルダ違いの同一部品ファイル名称であっても、部品名称が違う場合はネストできるようにしました。
  2. 平回転コマンドにて、ピアス範囲を指定し、干渉計算できるようにしました。
  3. 部品属性情報に初期必要個数を示す「初期個数」項目を追加しました。

V8.60(2015/02/03)

CAD

  1. AutoCAD 2015のDWG読み込みに対応しました。
  2. AutoCAD バイナリDXFの読み込みに対応しました。
  3. 角丸めコマンドにて、径をマウス操作によりダイレクト指示する機能を追加しました。
  4. 角丸めコマンド・面取りコマンドにて、指定要素間の要素を削除する機能を追加しました。
  5. 図形補正コマンドにて、一般結合要素のみ結合解除する機能を追加しました。
  6. 座標入力画面が表示されていても、マウス/キーボードによるズームアップダウンを行えるようにしました。
  7. グルーピング時の要素指定モードに、同一属性部品/シンボルを一括選択する機能を追加しました。
  8. 常に要素端点を表示する機能を追加しました。
  9. 図面保存画面にて、DXF/DWG保存時、保存用DXFパラメータファイルを選択できるようにしました。
  10. 円弧-3要素コマンドにて、3点指定時、円弧の始終角を自動的に確定する「円弧(確定)」機能を追加しました。
  11. グルーピング時の連続要素指定を続けて行えるようしました。
  12. 印刷コマンドにて、サイズを領域枠に合わせて印刷できるようにした

CAM

  1. 経路結合解除コマンドを追加しました。
  2. オートシーケンス/シーケンス/経路設定コマンドにて、微小ブロックチェックを行うようにしました。
  3. NC生成時、微小ブロックチェック機能にて、当該要素色を変更表示し視認性を高めました。

NEST

  1. 部品登録コマンドのオートファイル名機能にて、「検索文字列」に空白が指定されている場合でも、認識ペン番号により情報を認識できるようにしました。
  2. 部品読み込みコマンドの削除機能、およびネストコマンドのJOBファイル削除機能にて、削除ファイルをゴミ箱へ移すようにしました。

板金展開

  1. 面合成コマンドにて、元形状の反転形状を合成する機能を追加した

V8.40(2014/06/20)

CAD

  1. 図面読み込み機能にて、ナスカCAD(V2)の寸法線を読み込めるようにしました。
  2. グループ認識の対角点指定機能にて、右から左へ囲んだ場合、部分的に含まれている要素も認識するようにしました。
  3. グループ認識にて、ループ検索を行い、内部に含まれている要素を自動的に認識する連続要素指定(ループ内)機能を追加しました。
  4. プロパティコマンドにて、円要素を点要素に変換する機能を追加しました。
  5. 要素圧縮コマンドの分解能レベルにて、指定ピッチによる分解を行う機能を追加しました。
  6. グループ認識の連続要素指定機能にて、同一ペン、線種要素のみ検索する機能を追加しました。
  7. 寸法線-引出しコマンドにて、矢印の先端マークを属性バーより指定できるようにしました。
  8. 寸法線-角度コマンドにて、文字作図角度を改善しました。
  9. 要素圧縮コマンドにて、1要素に対して処理を行うことができるようにしました。

CAM

  1. 加工順コマンドのマニュアル指定にて、次候補の経路(部品)/早送り線を赤色表示するようにしました。
  2. NC変換コマンドにて、板無指定であっても、板を認識した場合は、加工条件ファイルを自動読み込みするようにしました。
  3. NC変換コマンドにて、フレーム使用時の加工原点に「中央」を指定できるようにしました。
  4. オートシーケンスコマンドのアプローチ点「下中」「上中」「右中」「左中」指定時、必ず要素途中に登録されるようにしました。
  5. コーナーループコマンドにて、新たに三角ループ形状を追加しました。
  6. 加工指示書にて、ピアス順を示す番号を出力する機能を追加しました。
  7. 加工経路干渉チェック機能にて、ワーニング距離を自経路用と他経路用、それぞれ指定できるようにしました。

NEST

  1. 部品読み込みコマンド画面にて、「部品ファイル名称」を変更できるようにしました。
  2. ネストコマンドにて、演算中、ESCキー押下により中断できるようにしました。
  3. 配置部品出力設定の属性項目に「回転角度」を追加しました。

板金展開

  1. 曲げ注記コマンドにて、「金型種類」情報を出力できるようにしました。
  2. 曲げリストコマンドにて、「金型種類」情報を出力できるようにしました。

V8.20 (2013/07/17)

CAD

  1. 属性バーのペン番号にて、ペン番号毎にコメントを指定できるようにしました。
  2. 図面保存コマンドにて、図面内の任意の文字要素をファイル名称として認識する機能を追加しました。
  3. 印刷コマンドにて、印刷領域指定時、Shiftキーを押しながらマウスを左右クリックすることにより、領域枠を拡大縮小する機能を追加しました。
  4. 印刷コマンドにて、印刷領域指定時、領域枠を任意のタイミングでビューにフィットする機能を追加しました。

CAM

  1. コーナー処理削除コマンドを追加しました。
  2. シーケンス系、NC生成等のコマンド等のアプローチ干渉チェック機能にて、アプローチが自己干渉する場合もワーニングメッセージを出力するようにしました。
  3. NC生成コマンドにて、閉じた形状の経路を指定回数分、周回切断する機能を追加しました。
  4. 加工指示書の印刷にて、1ページ目の印刷プレビューを表示する機能を追加しました。

NEST

  1. 属性作成コマンドにて、角サイズを算出する際、部品を回転させて最小矩形サイズを算出する機能を追加しました。

V8.10 (2013/04/01)

CAD

  1. Windows 8に正式対応しました。
  2. 図面要素最大数を60,000から1000,000要素に拡張しました。
  3. 図面ファイルフォーマットを更新しました。
  4. 座標入力機能にて、絶対座標指定時、Enterキー押下で前回入力XY座標を表示するようにしました。
  5. 座標入力機能にて、数式入力時、Enterキー押下で計算結果を表示する機能を追加しました。
  6. 面取り、コーナーRを修正するためのC/R修正コマンドを追加しました。
  7. DXF/DWG等、HND以外の図面ファイル保存時、HND形式を優先して保存する機能を追加しました。

CAM

  1. NC変換 −設定で使用枠「無指定」を追加し、作図の原点を基準にNC出力できるようになりました。
  2. 経路一括削除  コマンドで「全削除」「部分削除」「キャンセル」ボタンから処理を選択できるようになりました。

NEST

  1. 部品ファイルフォーマットを更新しました。

V7.13 (2012/08/01)

CAD

  1. DXFファイル読み込み時、楕円/スプラインを集合要素化するか指定できるようになりました。

CAM

  1. NC生成時等のアプローチ干渉チェック機能を拡張し、加工経路全体の干渉チェックを行うようにしました。 (ワーニング距離チェックはアプローチのみ有効)

V7.12 (2012/06/01)

CAD

  1. 補助線作図/補助線削除  コマンドを追加しました。
  2. オフセット  コマンドを追加しました。
  3. 図形補正 −最終ループ機能にて、同一ペン番号/線種要素のみ処理する機能を追加しました。

CAM

  1. 文字マーキング機能で文字要素をベクトル展開してから経路登録していたが、文字要素のままで経路登録が可能になりました。
  2. オートシーケンス  コマンド等のシーケンスパラメータ選択画面表示時の検索速度が大幅に向上しました。
  3. オートシーケンス/シーケンス/経路設定  コマンドで経路ごとに加工条件を指定できるようになりました。
              

NEST

  1. 部品ファイルパスを「ローカル」「ネットワーク」の2種類保持できるようになりました。
   

V7.10 (2011/12/05)

  • 第一出荷バージョン
  • 製品最新情報
  • イベント情報
  • 製品をご検討の方へ
  • 製品をご使用中の方へ
  • 【テクニカルサポート契約】されている方オンラインサポートのご利用はこちら
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町471 TEL:053-465-0711 FAX:053-465-0714
ご意見ご感想は E-mail:info@godo.co.jpまで

Copyright (c) Godo Solution Inc. All Rights Reserved.